Category Archives: なお 27歳 ソープ嬢

なお 27歳 ソープ嬢 その4

~家族と相談してソープ嬢になったんです~


CA3A2189なお ホームページを作った理由は、私も何かしなきゃと思ったからです。一見のお客さんが全然来ない時代になっちゃって、指名がつかない、お客さんが来ない理由をお店のせいにばかりしていられない。だから、ホームページを作ってもっと多くの人に私の事を知ってもらって、その中で少しでもいいからお店に来てもらえればなって思ったんですね。それに私は「顔出しできる」ってアドバンテージもあるし、それを武器に露出しない手はないって思ったから

ざえもん なおちゃんが顔出しできることについては、何か理由があるの?

なお 私がソープ嬢をしていることを、家族は知っているんです。普通じゃ返せない額の借金で、家も財産もすべてを手放そうって状況で、私が返すって言ったんですよ。家族からしたらどう考えたっておかしいじゃないですか。「どうやって返すんだ?」って。だから「風俗で働いて返します」って言いました。私は家族に相談してソープ嬢になったんです。それで、私は誰にも隠す必要がないから堂々と顔出しできるんです。それを武器にしない手はないと思って。でもソープで働くって言ったら、さすがに母には泣かれてしまいましたね。

ざえもん なおちゃんの立場もお母さんの立場も十分に理解できるよ。

なお でも、「みんなで頑張って借金を返していこうね」って、逆に家族の結束も強まったし、今は仕事も楽しくて仕方ないんで、今思えばこれで良かったと思います。先のことはわからないけど、来ていただいたお客さんに少しでも気持ちのいい時間を過ごしていただければいいなと、そのために頑張っていきたいと思っています。今はただそれだけですね。

 

なお 27歳 ソープ嬢 その3

~風俗業界はSMクラブでデビュー~


CA3A2204ざえもん SMに興味もないのに?

なお はい。全然ないですね。SMクラブでのプレイもMのほうが多かったんですよ。それで体力的にしんどくて。たぶん、キツさでは究極の風俗だと思いますよ。だから半年ももたなかったんですね。SMクラブで働いているとき、お店に取材に来られていた風俗誌のカメラマンに「SMがキツかったらソープランドという手もあるよ」ってアドバイスを受けたんです。その人に色々話を聞いてみると、ソープランドというのは自分でお店を探して面接を受けに行ったんです。

ざえもん でもSMも究極かもしれないけど、ソープランドもある意味究極じゃないですか。本番があるということについての抵抗感はなかったの?

なお やっぱい最初はありましたね。元々、私は進んでた子ではなかったので、何をしたらいいのかってことも分からなかったし。でも、それまではもっとキツい仕事をしていたわけですから、本番があっても、それに比べればと思うと抵抗も消えちゃいましたね。SMは本当に凄く辛かったので。

ざえもん それで、今のお店に?

なお いいえ、今のお店は3件目。最初は中洲の南新地のお店で、そこではナンバーワンにもなったんですよ。だけど、他の女の子に結構足を引っ張られてて、相当やられたんですよね。こっちは優しくしていても、向こうは違ったりするもんで。それがあんまりひどいんで辞めちゃったんですよね。それで「あの子は死んだ」って言いふらされちゃって。でも、たまたま私のお客さんが私をかばってくれたのは本当に嬉しかった。

ざえもん ソープランドは覚えなきゃいけないことがたくさんあって大変だと思うけど、仕事はすぐに慣れました?

なお いや、最初はオロオロするだけで、プレイも何もできなくて。マットも最初のころはそんな感じでしたけど、なんとかうまくなりました。今では、マットは割と好きな部類に入ります。むしろ得意なくらい。以前働いてたお店にちょっと年配のお姉さんがいて、昔のマットを知っている人なんですよ。結構厳しいって有名な人なんですけど、そのお姉さんに10日間ぐらいかけて教え込んでもらって、基本的なことは完璧にできるようになりました。私は見た目じゃ勝負できないんで、中身を鍛えないと指名を取れないって思います。でも、実はいまでもどうすれば指名が取れるかはよく分かってないと思う。だから頑張って努力するしかないですよね。

ざえもん 容姿に関して自身がないようだけど、実際かなりイケているよ(お世辞抜きで)。写真指名がナンバーワンってのもうなずける。あとホームページ見たよ。凝った趣味してるね。

なお ちっちゃいころから料理が凄く好きで、よく怒られながら作ってましたね。隠れてひとりでケーキとか、いろいろと作ってました。火を使うものばかりなんで、あぶないからやめなさいって言われるけど、いつも作っちゃう。でも作った後に粉が散らばっているから、内緒で作っているのがバレて怒られて(笑)。今は住んでいる家がお店から距離があるんで毎日は作れないけど、暇があれば作ってホームページに載せています。

 

なお 27歳 ソープ嬢 その2

~家の借金がきっかけで風俗業界に入る~


nao_2ざえもん どうして歌手を辞めてしまうことになったの?

なお 家に借金ができちゃったんですよ。それも、ちょっとやそっとじゃ返せないくらいの額の。いきなりお金に困ってしまって、家を売るかどうかなんて話にまでなって、一家総出でお金を稼がなきゃいけなくなったんです。風俗の世界に来ちゃった理由というのは、それもあったんです。

ざえもん その借金は返せたの?

なお だいたい返せましたね。でも、もう少し残ってる。これも早く返したいと思ってるんですけどね。普通だったら私、風俗で働いていないんじゃないかなって思うんですよ。これだけ借金を返さなきゃいけないから働いているけど。でも、頑張って働けば多額の借金でもちゃんと返せるっていうのは、風俗の世界の魅力だと思います。今は楽しく仕事をしています。いろんな人に出会うことができるこの仕事は、好きですよ。

ざえもん あおちゃんは、最初からソープランドに入ったの?

なお いいえ。最初はSMクラブだったんですよ。雑誌をみていたらエスコートレディの募集というのが載ってて、私はそれが飲み屋さんか何かだって思って面接に行ってしまったんですけど、実際に行ってみたらそこはマンションの一室で。私は、それまでそういう水っぽい仕事をしたことがなかったんですけど、話をされるがままにその日から働くことになってしまったんです。

なお 27歳 ソープ嬢 その1

~歌手から風俗嬢に転身~
テレビアニメの主題歌を歌っていた


224_1
昨今では、AV出身のタレントや女優がテレビで活躍しているということは別段珍しいことではない。このような傾向が続けば、今後は元風俗嬢だという芸能人がその経歴を隠さずに出てる可能性もあるのではないだろうか。

それとは逆に、かつて芸能界にいた者が風俗嬢に転身するというケースも当然ながら存在する。この項で取り上げるのは、かつて歌手として活躍していた経験を持つソープ嬢だ。

彼女は自身のホームページで元歌手であることを公言し、それを自らの売りとしていた。自身が芸能界から退いたことを「歌手としての挫折」ではなく、「ソープ嬢としてのセールスポイント」と、むしろポジティブに捉えていたのである。

 


テレビアニメの主題歌を歌っていた

なお  なおです。今日は取材ありがとうございます。歳は27です。もうすぐ誕生日なんですよ。2月25日です。

ざえもん 僕の誕生日は2月24日で、偶然にもなおちゃんと一日違いだね。僕はたぶんなおちゃんの誕生日をわすれないね。なおちゃんが歌手になったのは、どういうきっかけだったの?

なお 友達とカラオケボックスへ行ったときに、「オーデションやります」っていうレコード会社の張り紙が張ってあったんです。その場でテープをもらって録音して、そのままフロントへ出すっていう簡単なもので、それに友達と応募したんですよ。それから半年くらいなんの音沙汰もなくて、私もすっかり忘れていたんです。そしたら、突然レコード会社から電話がかかってきて、「本来なら二次審査もあるんだけど、歌が良かったから」ってことで、プロダクションやレコード会社と契約して、即仕事が入ってきたんですよ。

ざえもん 曲はどんなジャンルだったの?

なお アニメの曲でした。テレビで流れた曲もありますよ。3、4曲出したけど、メジャーからCD化されたのは2枚なので多くはないですね。1曲はテレビアニメの主題歌だったんですよ。

ざえもん あ、それ知ってる。というか驚いたね。毎週欠かさず見ていた番組で、しかもいい曲だったからそのCD持ってるよ。

なお 嬉しいですね。本当に華やかな世界でしたよ。自分がその世界の住人なんだって感覚には、最後までなれなかった。テレビアニメの主題歌を歌ったときには、アニメの原作者先生のお宅へも何度かご挨拶というか遊びにいかせていただいたりして、夢の中にいるようでしたね。