Category Archives: 風俗嬢の本心

風俗で働く女の子の「腹の底」を徹底リサーチしました。

春香 40歳元ヘルス、デートクラブ その7

ざえもん あまり負担をかけまいという大学側の配慮だったんだね。

春香 親に似たのかなあ?プライドだけは高かったんですね(笑)。自分には、まともな役割がない、この先どうなるんだろうと思い詰めていって、拒食症がひどくなっていったんです。服用していた精神安定剤も効かなくたって、今度は一年半も休んだんですよ。こんなに仕事を休む医者、私以外にはあんまりいなかったんじゃないかなあ(笑)。それでテレクラに走って、旦那つかまえて、センターを退職しました。

ざえもん お子さんがいるとのことだけど、どんな感じで二人で養っていったの?

春香 旦那の稼ぎだけじゃ厳しくなって、大学時代のつてを頼って町の内科医院に勤め始めました。夜はヘルスで半年働き、夫にバレてから、こっそりとデートクラブで稼ぎだしました。旦那には夜は残業とか言ってたんですけど。夫には仕事を辞めてもらって、主婦業に専念させました。だって悪いけど、「あんたじゃ、この家を養っていけないでしょ」って。ホントのことだから黙っちゃった。下の娘が生まれてからは尚更ですよ。家のローンも残っているし。娘たちに、本にしても音楽にしても質のいい環境を整えてあげたかったんです。母親が私にしてくれたように。なんか、そっくりな親子ですよね。似すぎていたから嫌いだったんじゃないかな?でもね、子供たちは無条件で私のことを好きでいてくれる。私は母親を反面教師として、自分の親子関係をつくろうとしてる。母親に感謝しなくちゃいけないですよね。

ざえもん 少しずつたくましくなってるよね。母は強し!

春香 旦那が、すごくノンキな人で。私の風俗勤めを知った時には混乱してましたが、何日かするとケロッとして、淡々と過ごしているんです。何が起きてもそう。デートクラブのことは、私から旦那に話したんだけど、全く同じ反応でしたね(笑)。「しんぱいでしょう?」って私が言うと、ソワソワ家の中を歩き回ったりするんですけど、テレビを見ているうちに忘れちゃう。翌日からまた淡々と進んでいける、ポジティブな人なんです。私にとっても、そういう彼の面がすごくプラスになってる。あと、やっぱり子供たちの笑顔ですよね。自分が母親として適格なのか、彼女たちに嫌われていないか、頭の中をよぎることもあるけど、「すいう不安をもっちゃいけない」って自分に言い聞かせて。娘たちの顔を見るだけど不安も吹き飛ぶし、私をすごく前向きな人間にしてくれたんですね。

春香 40歳元ヘルス、デートクラブ その6

春香 二十代のころはひどかった。テレクラ遊びにハマって、数え切れない人とセックスして、妊娠しました。ほとんど避妊はせず、誰の子供かも知る由もなかった。あった相手の電話番号をすぐに消しちゃってたんです。かろうじて二人だけ残ってた。そのうちの一人がすっ飛んで来てくれたんです。電話で私が「あなのこ子供ではないし、あなたは何も責任をもつ必要はないの。だけど、わたしは今とても弱っていて、中絶がおわってからせめて一ヶ月くらいの間、そばにいて欲しいんだ。一ヶ月経ったら別れてもらって全然かまわないから」って。いい人なんですね。で、病院とかついててもらって、それからホントに付き合いだしたんです。それが今の旦那です。

ざえもん ひどかった二十代の中、唯一の宝物に出会えたんだね。学校は無事卒業できてたの?

春香 結婚からさかのぼって四年前、医大に六年通って卒業しましたよ。附属病院で研修医としてスタートを切りました。最もキツイといわれる外科医から始まって、総合病院の各科を経験するはずだった。でも、救命救急科の当直の時、手術代に乗った患者さんのお腹が、メスで引き裂かれたんですですね。ふと、「この中に注射針をいれたら事件にな」って衝動的に思ったんですよ。やっちゃあいけない、やっちゃあいけないと自分に言い聞かせていたら目の前が真っ白になってその場に倒れたんです。当直っていっても、日勤からぶっ通しの時も多いし、たまの休日に「急患だ」って呼び出されたり。もともと、なりたくてなった職業じゃないし、使命感もない。ただ、親から離れたかっただけですから。持病の拒食症もストレスで、どんどん悪化していたんです。

ざえもん 医者の初期はハードで辞めていく人も多いって聞くよ。

春香 そうなんです。そして翌日から仕事を休んだんです。部屋の布団にくるまる日が続き、やがて拒食症の治療を受けようと、近くの心療内科に患者として通い始めた。十ヶ月が経ち、症状が落ち着いた頃、担当教授に「心療内科」と頼み込んだんです。願いが叶って、研修に戻ったものの、気がつけばもっと重賞な拒食症の患者とも向きあうことになりました。死にそうなほどガリガリの患者さんとかもいて。自分もこうなるんじゃないかって不安で不安で。半年位はなんとか続けたんだけど、また、休んじゃった。今度は大学側も真剣に考えてくれたんでしょうね。四ヶ月後に私が復帰した時、地域の健康医療センターの仕事に就かせたんです。

 

春香 40歳元ヘルス、デートクラブ その5

キーボード欲しさにピンサロへ 抵抗はなかった・・・


haruka2ざえもん 女子高の全寮制かあ。男子との交流が少ない(もしくは皆無)な環境だね、風俗の世界にはどうやって入ったの。

春香 自分の中にある性的な面をどう解放し、そだてていくのか分からなかった。もう、その頃は体がセックスを欲しがってたんですね。精神面が追いついていなかったの。初めての時は、「なーんだ、こんなもんか」って思いましたね。期待が大きすぎたのかな(笑)。二番目の彼とは本気で付き合ってたんで、別れたあと、心の中でブチッと何かが切れる音がしたんです。自爆自棄になって夜の繁華街を飲み歩いて、おじさんたちに引っかかっては輪姦されたり。でも、いくらでも逃げられたところを、逃げなかった私も私ですから(笑)。

ざえもん そこが引き金になって風俗に興味を持ち始めたと。

春香 そうなんです。大学四年、二十一歳の時、ピンクサロンに行きました。医療現場の実習は次第にストレスを感じて、拒食症も治る気配がありませんでした。十分の中で何かを壊したかったのかもしれません。そして、母親の影響で好きになったピアノを寮には置けなかったので、小ぶりのキーボードが欲しかった。七万円だった。

ざえもん ピンサロって何をやるとこか知ってたの?

春香 いいえ。おさわりバーみたいかなって。お酒飲んで、触られて、キャアキャア言ってればいいのかな、と思ったんです。また、そこのマネージャーってのがいい加減で。「座ってニコニコしてればいいよ。なんいもお仕事しなくていいから」って言われて。周りの女の子達がやってることを横目で見ながら、真似してたって感じです。初日で五万円、二日目も三、四万はもらえたけど、二日で辞めちゃったんです。

ざえもん 回りの女の子がやってることに抵抗を覚えず、二日でそれだけ稼げるなら、なぜ続けなかったの?

春香 学校の実習で、もっとグロいの見てましたし、土壇場で度胸が据わる方なんですよ。ええ。それがすごく恥ずかしいことだって、よくわかってなかったんだけど(笑)。店の女の子たちは私と違って、どこかとても悪いことをしている、世の中に申し訳ないって感じでコソコソ勤めてるのを見て、あ、ここはそういう場所なんだって思ったんです。ホントにこんなに沢山の人が働いているのにも関わらず、いてはいけない場所なんだって。でもね、来た以上は、こんところでオタオタしてたら自分がみっともないと思って。こういう世界がホントにあるんだから、自分はビクビクしたくない。だからサービスをイヤだとは、あまり思わなかったですね。ソープってのはしってましたけど。ピンサロみたいに中途半端な射精産業はしらなかったから。知った時は、ワッーって衝撃でしたね。もう特に買いたいものもないし、これで十分かなって、辞めちゃいました。

春香 40歳元ヘルス、デートクラブ その4

ざえもん 若い時は食べ盛りだからね。特に花の女子高生。甘いのもには目がない。

春香 そうはいっても運動はしてなくて。今まで着てた服が着られなくなってきて。十一号のスカートを穿こうとしたら、すごくきつくって。九号が普通で、十一号はデブなのに、それが着られない私って・・・。始めてみっともないって思ったのよ。それまで自分の体型なんて構わなかったのに、突然、気がついて。で、夏場にあまり食べず、学園祭の演劇の練習で動くようにしていたら、55キロあった体重が二ヶ月で45キロに落ちた。当時の身長は157センチ。自分でもそのくらいが綺麗だなと思ったし、顔もスッキリしたし。通学の電車の中で男の子に声かけられるようになって、いいじゃん!って思った頃には、反動が始まってたんです。

ざえもん 高校生って何かと誘惑が多いからね。特に優等生ってストレスが溜まりやすいから、何かにぶつけないといけない。

春香 高校の帰り道、買い食いをし始めたんです。コンビニでパンやスナック菓子などを買っては公園のベンチでむしゃぶりついたり。「奨学生」にはもちろん初めての体験だったんです。親から与えられる物じゃない食べ物を買うことができて、それを食べる事が面白かった。でも、太りたくはなくて食べては吐いてました。それをずーっとやってましたね。結婚するころまで続きましたよ。今もまだ、月に一回ぐらいずつ発作が起きます。そうです、がっつり拒食症になっちゃてた。で、拒食症って形ではじめて親に心配というか迷惑らしい迷惑をかけたんですけど・・・。反抗期らしい反抗期って、私の場合、いつも「いい子」だったんで、なかった。で、うちのトイレで何度も吐いて迷惑をかけた事で、「反抗期」は全部、すんじゃったのかもしれない(笑)。

ざえもん 反抗期が「吐くこと」ってそれにあてはまるのかな?高校卒業後はどうっだたの?

春香 高校卒業したらウチを出よう!って思ってました。病気になったことも含めて、親はアレコレもっともらしいことを言うだけで、私の気持ちを分かってくれない。わかってもらおうって努力したけど、それがイヤになっちゃって。親にそういうことを言われないところに行きたかった。で、全寮制の医大を受けたんです。医者になろうっていうより、勉強だけはできたから、親から遠く離れたところに行きたかったのね。合法的にウチにでる手段でした。娘が医者になるなら親も納得するでしょ?拒食症は自分一人で向き合って治していこうって。

 

春香 40歳元ヘルス、デートクラブ その3

ある日のサイトには、二次の母親である彼女のこんな言葉が並んだ。

「毎日の生活をなんとかやっていくことは、質素にしようとすればできないでもない。当時、まだ体の具合がよくなかったんで、朝から晩までフルタイムでパートするなんてことはできないって思っていたんですけど。それでもまぁ、出来る範囲でやれば、些細なお金ぐらいは稼げる。それで暮らしていくのもいいかもしれない。でも、それじゃあ、私たちの老後の生活保障もない、子供たちが学齢に達して、大学に行く時、自由な選択肢を与えたり、甘やかしてやることもできないですよ」

春香 田舎にしては、母が働いて父も実家を手伝って、というととても今風な家庭でした。子供にきちんとした教育をさせて、クラシック音楽とか趣味いいものが家中にあって、ブランド物とか、母も結構知ってた。貧乏はは貧乏でしたよ。ちっちゃな家に住んでいたんですけど、暮らしをキチンと、質のいいものにしたい、というのが母の憧れでした。未だにそうですけどね。

ざえもん 春香さんは両親から、一目置かれる存在だったんだね。

春香 多分、私、すごく頭のいい子だったと思うんです。あと、泣き虫だったから、遠ざけられたり、いじめられたり。本をよく読む、友達の少ない子供でした。中学は、家から片道二時間の広島市の私立に通って。そこでも一目置かれてた。きっと勉強の要領がすごくよかったんでしょうね。疎ましく思うクラスの子もいたけど、みんなから「勉強の出来る子」って思われて。

ざえもん サラブレットな子供だったんだね。

春香 だけど、高校に入学して間もなく、両親の勤めていた会社が倒産、家庭内がギクシャクし始めた。私のことを思い、愛情込めて叱っていた父は、会社のゴタゴタからか、感情のままに怒鳴り散らすようになった。母はそんな会社の後始末に駆けずり回り、私の事を以前のようにはかまえなくなった。

ざえもん 高校生活はどんな感だったの?

春香 私、小学生だったんですよ。学年で一番というか、成績がよくて品行方正とかだと奨学金がもらえるので。その頃は、その奨学生の路線から外れたくなくて、勉強だけは頑張ってきました。でも結構面白い。親に隠れてやることを覚えたの。学校の帰りに、いろんなお店に立ち寄ったり、ケーキとか食べたり。小さなことだけど、当時の私にしては大胆な行動だったな。