Monthly Archives: 12月 2014

You are browsing the site archives by month.

「夜」から「昼」へ その3

大切なのは、自分が風俗で生きてきた現実を踏まえて、それからどうするか、だ。過ぎ去った秘すべき日々として封印するのも、その経験を新しい日々に活かすのもいい。卒業生それぞれが選ぶ道だ。しかし私は、できれば風俗での体験を「その後」の糧にしてほしいと思っている。

風俗などで自分を売る女性が急増している現状には、女の本質が深く関係している。女は幸せを競いたがるからだ。自分が他人に比べていかに恵まれていて幸せかと。そして風俗に入って波に乗れば、それが苦もなく手に入ることが多い。お伽話のお姫様のごとく一夜にして大金が手に入り、思い通りの生活ができる。お金が鎧となって、自己肯定が始まる。私は間違った選択をしていないはずだ、私は私の道を歩いているんだ、と思い込む。自分が金持ちだという錯覚を見ていたい。せめて少しの時間だけは。今まで見たことなかったから一度ぐらいいいでしょう、と。

けれども時々「普通って何?」「自己実現って何?」と単純でストレートな疑問が突如に浮かぶ。自分を守っていてくれたはずのお金が、すぐにどこかに消えてしまう現実を知って夢から覚める瞬間だ。