りんご 34歳 元ソープ嬢 その4

ざえもん そのお店はどんなジャンルのお店?

りんご 普通のヘルスですね。部屋は凄く狭かったんですけど、シャワーがあったので安心しました。最初の店のインパクトが強かったから、その面では楽な気持ちになりましたね。夏になると汗で蒸れるからかもしれないけど、下半身はかなりキツイ匂いがするんですよ。だから「洗える」っていうのは大きなポイントでした。

ざえもん そのお店にはどれくらい在籍したの?

りんご 1年半くらいですね。そのお店でメディアに出ちゃったから、とりあえず稼げるだけ稼いじゃおうって思ったんです。ぶっちゃけると、メディアにでないかで給料が違ったんですよ。お客さんひとりあたりの取り分が1,000円くらい違うんで、それなら少しでも多く稼ごうって。他人バレなんて考えずに、お金お金になっちゃっていましたね。

ざえもん 1回1,000円違えば大きいよね。ところで、りんごちゃんが出たメディアというのはどんなものだったの?

りんご 大きかったのはテレビですね。神戸のサンテレビの深夜番組とか、風俗系のコーナーのある番組とかに何度も出たんです。そうすると、難波とか梅田を歩いている時に「りんごちゃんだ」って寄ってこられたりして。友達と歩いていても、「今度予約撮りますから頑張ってください!」とか言われて、テレビタレントと同じような感覚で声をかけられちゃうんです。だけど、友達は私の仕事を知らないから「あんた一体何をやっているの?」って。

ざえもん そりゃ友達は不審がるよね(笑)。周りの人にバレたら困るという意味はなかったの?

りんご いつかバレるなら出ちゃえって、気楽に考えてましたね。結局友達にはバレちゃったんだけど、「君ならやっていてもおかしくない」って言われちゃいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation