華里奈 24歳 デリヘルイメクラ嬢 その4

性サービスは心のビタミン


karina1ざえもん 「将来はこういう仕事に就きたい」という夢はある?

華里奈  ずっと人と接するお仕事でやっていけたらなって思います。風俗じゃなくても、お客さんを癒してあげられるような仕事にそのうち就きたいですね。特にこれっていうのはないですけど。

ざえもん インタビューを通じて、伝えたいことはありますか?

華里奈  やっぱり本番を要求してくるお客さんは多いですね。もう、ほとんどのお客さんが言ってくるんですよ。昨日の言われました。「ダメだよ~っ」って言えば皆さんわかってくれるんですけど、気持ちよくなればほんばんさせるかなと思って、指入れとか激しくされちゃうことがあるんですね。それで血が出てきちゃって、こないだまでお仕事をお休みしてたんです。やっぱりお客さんにはマナーを守ってほしいですね。

ざえもん 最後に、華里奈ちゃんいとって風俗とは何?

華里奈  心のビタミンです。

ざえもん ついうかりお客さんと本番しちゃったことはある?

華里奈  何回か・・・。お客さんから本番したいって言われた時に、生理前とかで体が求めてる時があるの。数える程しかやってないですよ。だけど、本番をさせちゃったお客さんが別の子についたときにまた本番を要求するだろうから、お店や他の女の子には申し訳ないことをしたって思うんです。だから、もう二度と本番をしようとは思いません。

ざえもん 今は、旦那さんと東京で二人で暮らしているんだっけ。

華里奈 はい、せっかくの東京なので東京の風俗で働いてみたいと思っているんですけど・・・主人が反対しているんです。

ざえもん そりゃ普通亭主は反対するよ。家庭円満を考えれば、ボクも背中を押させないよ。

華里奈 親が学費を払えないってなったときに、私は風俗嬢になることで専門学校を卒業できたの。今まで私はこれ一本で頑張ってきたんだもん。結婚しようがどうしようが、私のすべては風俗にあるの。いつまで働けるのかは分からないけれども、私は、一生風俗嬢だと思っているわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation