あゆ 22歳本デリ嬢 その1

南国の違法店で働く女


2003年のゴールデンウィーク直前、深夜2時過ぎに突然ボクの電話が鳴った。電話の主は女性である。黒木と名乗るこの女性は、沖縄でデリバリーヘルスを経営していると話した。彼女はこれまでビラ主体だった広告をインターネットに移行させたいらしく、ホームページを作ってくれる業者を紹介して欲しくて、僕に連絡をしてきたという。それならばと、僕は翌日に友人のウェブデザイナーに話を振り、後は彼に任せることにしたのだが、後にこの依頼はながれてしまう。その背景には、ある特殊な事情が潜んでいた。

 

沖縄への電話インタビュー


ayu2黒木 すみません。警察の動きがあるようで、目立ったことができなくなりました。ホームページの件は見合わせたいと思います。

経営している風俗店がちょんの間などというなら話も分かるが、渡辺さんの店は、きちんと届出を出したデリバリーヘルス。警察が動くという噂だけでなぜここまで彼女が怖がるのか、僕はどうも腑に落ちなかった。それからさらに数ヵ月後、インタビューの一周年記念特別番組の収録を行うべく、僕はスタッフたちとともに京都の友人が運営するスタジオを借りて集まっていた。幸いにも黒木さんがこの依頼を快諾してくれたため、僕たちは、スタジオから店にいる女の子の携帯に電話をかけてインタビューを行う事にした。

あゆ こんにちは。よろしくお願いします。あゆです!今、22歳です。身長が150センチで、スリーサイズは86のE、60ぐらい、82くらいです。

ざえもん 今業界に入ってどれくらいになるの?

あゆ だいたい半年位になるんですけど、今勤めているお店に来てからはまだ一ヶ月くらいですね。

ざえもん 業界に入ったきっかけは?

あゆ これ、ぶっちゃけトークでいいんですか?本当のぶっちゃけちゃいますよ。実は、ちと借金がありまして、それを早急に返さなきゃいけないって思ったのがきっかけなんですよ。あんまりこういうの(風俗)に抵抗がなくて、嫌いじゃなかったので楽しく仕事をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation